現実的なお金の問題

葬式の費用の相場はいくら?

お葬式と言えば、亡くなってしまった方を弔い葬るために行われる儀式の1つで、亡くなった方との別れを惜しみ、死者が迷いなく極楽浄土へ旅立っていけるように送り出す儀式でもあります。この葬式には一体どのくらいの費用がかかってしまうのか、またその相場はいくらくらいなのでしょうか?お葬式の費用と聞いてもピンと来ない方が多いことでしょう。それもそのはずで、そもそも葬式に関わることが少ない方が多いからです。一般的な葬式費用の相場は、大体200万円前後が相場となっています。
細かく分けると、「葬式費用」「飲食費用」「寺院費用」の3種類の料金が発生します。葬式費用はその名の通り、通夜や葬儀などのほか、遺体の搬送、火葬費用などに必要な料金となっています。葬式費用の料金相場は100~130万円ほどとなっています。飲食費用は通夜や葬儀で振る舞われる料理やお酒などの料金となります。
参列された方の人数によっても変わってきますが、平均して20~40万円程となっているようです。そして寺院費用とは、お坊さんを呼んで読経や戒名を授与するなどの際にお願いする時に渡す、お布施の費用となります。お付き合いしているお寺から呼ぶこともありますが、こちらの寺院費用は40~50万円程となっているようです。葬式の費用の相場は、上記の流れから参列者の人数などの平均で決められています。

家族と一緒に葬儀の相談

お葬式は前もって準備をしておくということができない為、バタバタとなってしまうものです。色々なことを短時間で決めないといけない為、その費用についてもある程度知っておいた方がいいでしょう。では、実際にお葬式をあげる為の費用というのはいくらぐらいかかってくるものなのでしょうか。全国の平均金額はおよそ150万円といわれています。地域ごとでも差があり、やはり都会に行けば行くほど費用もかかってきます。また、葬儀の形式によっても違ってきます。一般葬といわれるのが一番多い形式なのですが、身内だけで行う家族葬になるともっと費用を抑えることができますし、通夜を行わない一日葬だと一般葬の半額程の費用であげることができます。
直葬といって火葬のみをするという場合は更に費用はかかりません。お葬式にかかる費用の内訳ですが、施設の利用料と祭壇の費用、参列者のおもてなし費用、宗教者へのお礼に分けられます。お葬式の規模が大きければその分参列者のおもてなしの費用が大きくなってきますし、一日葬や直葬であれば施設の利用料がお安くってきます。このように葬儀にかかってくる費用はあげる地域やどんな形式をとるかによってかなり大きな差が出てくるものです。いざとなった時の為に、どのような葬儀を希望するか、費用のことなども、元気なうちに家族で話しておくことも大切かもしれません。

更新一覧

2017年08月22日
変化していく葬儀のスタイルを更新しました。
2017年08月22日
現実的なお金の問題を更新しました。
2017年08月22日
日本の葬儀ルールを更新しました。
2017年08月22日
式の段取りと流れを更新しました。

Copyright(C)2017 常識として知っておきたい葬式の基本 All Rights Reserved.