式の段取りと流れ

葬式に向けた準備

葬式を執り行う必要が出れば、まず葬儀社を決めることとなります。口コミで高評価を受けているところから見ていき、予算とこちらの条件に合致する内容から判断することが大事です。葬式は火葬と共に限られた日数の中で行うことから、常にこの日に備えた準備を心がけておく意識が重要です。過去に行った経験がある人も時が経てば忘れることがあるので、葬儀社の方の指導の下で実施することが大事です。
祭壇へ飾る花や供物によって葬儀全体の値段が異なるため、何を重視すべきかを検討することが大切です。宗派による違いを理解しながら、綿密な計画を立てて本番を迎えることとなります。参列する側であれば香典の準備が必須となるため、ご霊前の香典袋を手元に用意しておくことが賢明です。喪服のサイズも改めて確認しながら、葬儀への参加を検討することも必要です。
喪主および遺族の立場であれば、葬式を無事に済ませることを念頭に参列者への感謝の気持ちを伝える内容が肝心です。葬儀は忙しく事が過ぎていくため、セレモニーの段取りや会食への備えを万全なものにしていくことが大切です。それと同様に地域によって順序が変わるので、その土地にふさわしい内容を優先させることが理想です。

葬式の基本的な形

住んでいる実家の近所のお葬式は田舎だったこともあり、○○さんが亡くなったと「回覧板」が回ってきて、「隣保」(村の区域を分けて何世帯かを固めたグループ)が同じ人はみんな総出で手伝いに行く(仕事の人は代理を出したり、通夜もしくは葬儀どちらかに手伝いで参加したりした)ということを今もしています。亡くなった方は家を開けて、その方のところの台所でみんなで食事を作ったり、来る方の香典の預かり、計算などをしたり会場準備をしたりします。
ようするに、家を開けられるような旧家の大きな家ばかりだったのかもしれませんが、今の若い人はこうした葬式には結構ついていけません。近頃は家族葬をしたり、以前より小ぢんまりしてきたのかなと思います。葬儀には会場が家ではなかったとしてもかなりお金がかかります。その前に、普段集まらない親戚が集まって戒名どうしよう、お布施いくらか、○○さんは○○したかったのではとお金のかかることで結構もめることが多いと思います。事前に準備しにくいことでかつ、緊急性が高いことだからです。
知らないことも多く、親戚が集まれば大抵知っている人に合わせる、とか力のある人に合わせる、となるので出資元が違う場合かなり困ってしまいます。そんなことのないように、普段から葬式はどういう風にしたいか考えるだけではなくて、何かに残しておくことも大切だと思います。

更新一覧

2017年08月22日
変化していく葬儀のスタイルを更新しました。
2017年08月22日
現実的なお金の問題を更新しました。
2017年08月22日
日本の葬儀ルールを更新しました。
2017年08月22日
式の段取りと流れを更新しました。

Copyright(C)2017 常識として知っておきたい葬式の基本 All Rights Reserved.